2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google で検索

  • Google search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

第二種電気工事士

2009年11月10日 (火)

免許証

県より免許諸が届いていました。工事担任者の資格者諸よりも一回り大きくラミネートされています。住所欄は無記入でラミネートされていると住所はマジックで書けばよいのかなぁ?
住民基本台帳ネットーワクを利用しているのなら、住所は記入してからラミネートすれば良いのにと思ったり。とにかく、手元に無事に届きました。
後は、来月の宅建試験の結果通知待ちです

2009年11月 4日 (水)

第二種電気工事士免状交付申請

合格通知の葉書は随分前に届いていましたが、やっと、第二種電気工事士免状交付申請書を県庁に送付しました。
県証紙が5,200円と書留代金が500円でした。県証紙は近くの県の出先機関まで行き購入しました。昼休中でしたので職員の方が自席で弁当を食べて見えたのを中断していただき購入しました。
以前は食堂の売店で購入していたのですが、市町村合併で県の出先も職員が減り、食堂に誰一人も見えませんでした。
先ずは、一つ仕事が終わった感じです。

2009年9月 5日 (土)

第二種電気工事士 技能試験合格発表

昨日、第二種電気工事士試験の技能試験の合格発表がありました。
昼に検索したのですが、無事に合格していました。
色々、アドバイスを頂いた方に感謝いたします。

63,253人が受験し、合格者数が44,006人で、合格率で69.6%です。
技能試験は二日間ありましたので、最初の日の合格率は、73.7%、二日目が65.8%でした。
自分は二日目でしたので、内容としては少し難しかったようです。

後は、合格通知が来てから、県知事に第二種電気工事士免許状交付申請をしたいと思います。



2009年7月27日 (月)

平成21年度第二種電気工事士技能試験(7月25日及び26日実施)の解答及び判断基準について

早速、試験の解答が電気技術者試験センターから発表になりました。

照らし合わせてみると、技能試験の判断基準でマイナスになる要素は無いよう思います。
しかし、実技ですから素人仕事では気がつかない事もあるかもしれません。
コンセントを後からひっくり返したので出来栄えが少し悪くなりましたが、後は気になる点はありません。普段の練習よりも時間をかけて丁寧に組み立てたので、組み立てに30分残りの10分は見直しにかけました。
後は、9月の発表を待つだけですね。どうか、合格していますように。

2009年7月26日 (日)

技能試験を受けてきました。

技能試験を受けてきました。片道、二時間半かけて試験は1時間程度、トンポ帰りでした。
帰りながら、メールがガンガンはいり雷が酷かったようです。帰ってから、速攻であちらこちら電話したら、お客様から、なんだ千秋楽が見えないと怒られたり。

話は戻って、今回は、タイムスイッチの問題でした。特に、難しくもなく時間も余裕もあり点検を丁寧にしていたら、コンセントを上下さかさまに枠に入れていたので入れなおしをしました。スリーブ側の結線済みの線も反対にするのは面倒だったので、コンセントの手元で白、黒の線がクロスした状態で完了としました。
普段は、短めで練習していたので15センチ幅もとると凄く贅沢に思えました。あと、差込コネクトが手持ちのと違ったので少し差込する長さも違ったようです。長さの微調整に手間取りました。
だけど、器具と上から問題用紙眺めていると何の候補問題か解るので、試験の説明聞きながら、頭の中で複線図を書き上げました。開始と同時に、施工条件をチラリと確認して、すぐに作業に取り掛かれました。事前にメージャーでケーブルの長さを確認するので、3Cなんてピッタリの長さなので両端からすぐに10センチずつ外皮はぎ落としたり、要領でしょうね。
さて、これから、仕事なので簡単な報告です。

2009年7月11日 (土)

第二種電気工事士勉強中(その20)

電気技術者試験センターから、筆記試験結果通知が届いていました。ネット発表で合格を知っていても、通知書が届かないと技能試験を受ける事が出来ないので、これで安心です。
試験結果通知で合否以外に知りたかった事は、試験会場です。
筆記とは別の県で受ける事にして申し込みしていたのですが、昨年とは異なる会場でした。
会場の大学は、何度か行った事が有りますから、迷う事も有りません。一日余分に練習できるとかと思って日曜日の試験を選択したのですが、土曜日の試験でも良かったと思っています。
技能試験の練習は4周目に入り、複線図も頭の中でイメージできるようになってきました。公表問題のNo.13で27分で完成できます。早く、技能試験が終わって、他の事がしたくなってきました。

2009年7月 6日 (月)

筆記試験の発表

まずは、結果から筆記試験はパスしました。これで、工具や材料などの出費が無駄にならずに済みます。
しかし、重いだろうと思っていましたがサーバーはカスですね。全国の受験者の方は、そうとうイライラしてネットや携帯で何度もトライしたことと思います。
検索機能とは別に、会場ごとの合格者番号を一覧で発表してくれれば自分で探すのに。
文字の検索機能を使えば、それほど苦にならずに探せると思います。

2009年7月 4日 (土)

第二種電気工事士勉強中(その19)

月曜日が筆記試験の発表ですね。

筆記試験免除者対象の技能試験結果が金曜日に発表になり、合格率を見ていると11 ,787人が合格し、合格率は 71.8%なので、この数年では高い合格率だったようです。
筆記試験の合格発表の時間が気になりますが、2ちゃんねるの掲示板を見ていると9時前には結果がアップされていたようです。財団法人 電気技術者試験センターのホームページでは、発表の当日はサーバーに負荷がかかるので、夕方から結果を見てくださいとの事ですが、受験者は結果は直ぐにでも確認したいですから無理な注文ですよね。

技能試験結果発表のプレス案内に「第二種電気工事士試験委員会において、電気的に致命的な欠陥又は施工上重大な欠陥がなく、かつ、施工上軽微な欠陥が2以内を合格基準とすることが決定されました。」この基準は毎回多少は変動があるのかなぁ。先に決まっていればこんな説明は不要でじょうが。

月曜日の合格発表を見てからの練習は、合否基準を確認しながら時間には余裕があるので、丁寧な作業に心がけたいと思います。三周目も半ばまで進みました。

2009年6月28日 (日)

第二種電気工事士勉強中(その18)

候補問題の練習が三周目に入ったので、練習の前にあちらこちらの電気工事士のサイトを見て周りました。
注目する点は、正確でかつ作業時間の短縮化です。参考になるやり方がいくつかありました。
ひとつは、ペンチの切断する横幅が差込形コネンタの幅と同じなので、ペンチの幅で確認しながら、切り落とせは簡単に長さが決められます。

レセブタクルで被覆の剥ぎ取り寸法ですが、自分の指の厚み程度の芯線の被覆を残せば良い事も分かりました。

また、ホーザンのケーブルストリッパーP956のグリップに15cmの目印を付けるのも作業を早く出来るようですが、全体の長さが20cmなので頭から5cmの目印分を残して計れば15cmは簡単にとれます。
作業の進め方も、端子の方から順番に作成、切断していけば全体の長さを予め測って切断しておく必要は無いですね。
手元にある物で長さを出して、あまりメジャーを使わないほうが多少は作業時間が短縮化されると思います。

後は、重大欠陥や軽欠陥について確認して作業を進めたいです。

2009年6月24日 (水)

練習用材料の調達

候補問題を二回練習したら、電線も残り少なくなってきました。また、取付枠も何度も使ったのでピンが折れたのが多くなりました。リングスリーブ(小)も少なくなったし。試験まで、まだ一月もあるのに。お金の掛かる試験です。
消耗したケーブル類をネットで注文すると、送料と振込手数料で1,000円ほど経費が掛かりますので、近くのホームセンターで必要な分のみを探してこようと思っています。
ネットでケーブルは100m単位でなら、VVF1.6 2Cが3,600円で購入できます。でも、腐るものではないですけど、こんなには練習用はいらないですし、100m単位で扱っているお店は、業者さん用ですから、ケーブルの切り売りや、リングスリープとかは扱っていなかったりします。切り売りだとネットで探すと倍ぐらいのメートル単価ですし。(手間が掛かるので当然ですが。)
悩んでいるよりも、ネットで多少高くても一括してばら売りしている所で、購入した方が便利ですけどね。でも、一度、近所のホームセンターを覗いてこようと思っています。

最近のトラックバック