2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google で検索

  • Google search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

テクニカルエンジニア 情報セキュリティ

2012年4月13日 (金)

試験まで後二日ですね。

試験まで後二日となりました。午後問題の過去問題を解くことだけを繰り替えしています。
どれだけ問題の読解力が身についたのかは解りませんが、出題者がヒントを問題文に入れていることに気がつく事があります。
本文だけから解答を考える前に、設問の中にある言葉も大切ですね。時間に追われると設問を中途半端に読んだだけで一人よがりの解答を作成することになりかねません。
今夜も職場の歓送迎会があるので、まとまった勉強は明日一日だけとなります。

2012年1月 5日 (木)

年賀状の中に通知葉書が

年賀状に混ざって、IPAからの試験の結果が届きました。
結果はすでに不合格と知っていますが、午前Iは足きり以上でしたので、
2年間は免除されます。
この春に再度挑戦するつもりです。

2008年6月16日 (月)

情報セキュリティの結果は。

平成20年度         春期        
    情報処理技術者試験  成績照会    
    テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験        

                受験番号 SV000 - 000 の方は,不合格です。

午前試験のスコアは,645 点です。                                        
午後I試験のスコアは,485 点です。                   
午後II試験の採点結果はありません。

やはり、ダメだった。

2008年6月 4日 (水)

午後問題の解答を確認しました。テクニカルエンジニア 情報セキュリティ H20年度春試験

正午にIPAより、公式解答が公開されました。早速、印刷して試験直後にメモした自分の解答と見比べました。少し、良い方で採点しました。配点はITACの得点を参考にしています。
午後1 各50点
問1 20点
問2 44点
問3 42点
------
合計 106点

午後2は100点として、感覚として70点は越えて位相です。
午後1が合格点に達していると思えないので今回は不合格だったと思っています。
午後1は時間の余裕があまり有りませんでしたが、字を綺麗に清書する時間はあったのですから、文字を綺麗に書き直す事に時間を使わずに、問題の読み直しに時間を書けるべきでした。これは、次回以降の試験の良い勉強になりました。
午後1は、問題はそれほど難しくは有りませんが、時間に追われて焦りから失敗しました。
今年落ちたら、来年はこの試験(テクニカルエンジニア 情報セキュリティ)はなくなるから、リベンジできないですね。
秀和の午後問題の参考書は、本当に役立ったと思っています。この本で勉強される方は、古い中古本の購入はされないほうが良いと思います。毎年、試験問題が多少なり入れ替わっていますから。自分も、落ちれば来年は新しい本を購入しようと思っています。

情報処理試験の解答発表ですね

本日は、情報処理技術者試験の午後問題の解答がIPAに掲載されますね。
私も、情報セキュリティ試験を受けたので、解答を印刷して自分の解答と確認したいと思います。午後1の設問でSMTP AUTHとPOP BEFORE SMTPを記入欄を勘違いして書いたりしたので、足きりになっているとは思いますが、来年に向けて反省したいと考えています。
今月は、工事担任者とテクニカルエンジニアの合格発表があります。秋まで試験は無いので、過去の知識の整理をしたりしながら、次の法学関係の試験の勉強も進めたいと思っています。

2008年4月22日 (火)

午後1 問1について

解答結果を見直していたけれど、午後1の問1は随分勘違いして問題を解答していたようです。
メールの受信方法でPOP before SMTPとSMTP AUTOが反対でした。自分では、POP before SMTPが認証方法にPOPを利用しているから、PCのメールソフトが対応しているからに当てはまると考えたのですが、結果は全くの反対に記述しています。
それから、記号で答えるところを、そのままの単語に解答したり、問1はさんざんな内容でした。
これでは、午後1は残りの問2,問3の出来が良くても通りそうもないですね。今回の試験は午後1で玉砕したようです。
問題を良く読んで、解答する事を怠ったのが結果に現れたようです。記入した文字を清書する時間があったのですから、もう一度、簡単に答えるポイントを点検すべきでした。
ん~、反省すべき点が多かった試験ですね。良い勉強になりました。
さて、次の工事担任者試験も落とさないように勉強したいと思います。

2008年4月21日 (月)

平成20年度 春期 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ) 午後1の自分解答

午後1の解答をメモして残しておきます。自分の解答ですからはなり誤りも多いと思っています。大して、参考にはならないと思いますが、自分の記憶だけでは、何を記入したのか忘れてしまいますからね。
今回、穴埋め問題で選択肢から選ぶものを直接、自分の思いつく単語を記入した設問があった事に気がつき、ガッカリでした。
さて、こんな解答を記入してきました。

平成20年度 春期 テクニカルエンジニア(情報セキュリティ) 午後1 自分の解答

問1

設問1

(1)a:(i),(iii),(iv)

(2)d:ア(DDoS)

(3)(r)

設問2

(1)ⅠPC Ⅱインターネット Ⅲ禁止 α SMTP

※ やばい、本当は選択肢からの解答でした。上のように記入したので採点されず。問題をしっかり読まないで、思いつく解答を書いてしまった。字を綺麗に書き直す暇があったから、見直しすれば良かったよ。ガク。

(2)イ POP before SMTP 

     予め、メールサーバにPOPで認証を受けてからメール送信をする。

  エ SMTP AUTH

          メール送信の度に、メールサーバの認証を受ける。

※ ここで、SMTPもろ自分の解答が出ている。それから、文字数が少ないのでPOPの説明で一定の時間、認証を受けたIPアドレスからのメールまでは説明出来なかった。

設問3

(1)すでに社内で利用しているポートアドレスの場合、業務に支障がある。

(2)ウィルスを異なるパスワードで圧縮したもの。

(3)通常はOSのプロセスと同じふりをしているから検知されない。

※ rootkit って用語はこの問題で始めて見ました。だから、内容は全くの感です。

問2

設問1

a スリーウェイ

b SYN

c ACK/SYN

d ACK

e HTTP

設問2

(1)Webサーバはメモリ等の資源を接続要求に対して確保し、場合によっては使い果たすため。

(2)接続要求が完結していないため、アクセスログには記録されなかった。

(3)攻撃する相手が、他のIPアドレスを用いると効果がない。

設問3

接続要求後に接続完了しない場合、サーバから接続を切断するタイムアウト時間を短くする。

問4

設問1

a カ 受容 b カ 受容 c ア 移転

※ aとbは良くわからないので、両方とも受容で埋めておいた。どちらか当たってね。

設問2

(1)ハードディスクを取り外して別のパソコンで読み取る。

※ 自分の参考書には、保守用のコマンドで読み取るという説明もあったと思う。

(2)ハードディスクの機密情報を暗号化する。

設問3

外部記憶への書き込みを禁止するツールをパソコンに組み込む。

※ この設問は凄く悩みました。マイクロソフト社のVistaにはそんな機能は有るのかとも考えましたが、こんな解答しか思いつきませんでした。常駐させるとか書いたほうが良かったかもしれません。

設問4

(1) d イ 36^7

     e キ   Nlog2N

eは全くの感です。時間があれば、具体的な数値で導けたと思います。

(2)定期的に変更する。

  乱数からパスワードを生成する。

  ワンタイムパスワードを使用する。

※ この問題も、問題の意図が汲めませんでした。的外れな解答のような気がします。

(3)時刻等のソルトを一緒にハッシュ化することで、毎回異なる値になるから。

2008年4月20日 (日)

午前問題の結果

すでに午前の解答がIPAにアップされていました。接続が混雑しているので、何度もエラーを出しましたが、解答合わせをする事ができました。
結果は55問中43問正解でした。100点満点のスコアなら78点ですね。多分、足切りは通っていそうです。自分の勝手な思いなら、70点以上あればOK!だと思っていますから。次は、午後1をクリアしていれば、合格する可能性も高くなりそうです。ネットワークの問題で、幾つか取りこぼしていたのが、悔やまれます。

セキュリティの試験の一日

平成20年度 春期 テクニカルエンジニア 情報セキュリティ試験を受けてきました。
長かった、一日を振り返ろうと思います。

昨夜は、8時過ぎまでボランティアをしていたのでまともに勉強できなかったけど、一日勉強すれば受かる試験でも無いからと思い、9時には布団に入りました。今朝はいつものように、自然と3時半には起床し、午後問の参考書をパラパラ読んでいる内に5時になったので、朝食を食べて、5時40分いざ出発。

30分程で高速バス乗り場に到着して高速バスで最寄のJR駅まで向かう、JR駅には7時に到着し、会場までは2駅行った先なので喫茶店でコヒーを飲みながら午前問題のデータベースの知識について復習した。午前の問題は結局、問題集を部分的にこなしただけで必要最低限の勉強量となっているので、データベースの問題を間違えると足きりも見えてくるので用語にについて理解しながら復習する。

昼食の弁当を購入後、7時39分の電車に乗って2駅移動する。無料送迎のバスは8時10分から稼動するので、ベンチで問題集を読みながら15分ほど過ごす。

バスに揺られて5分で会場の大学に到着、ネットワークで何度も通った会場なので、迷わずに会場の教室には一番乗りする。ちょうど居合わせた試験官と挨拶する。時間もたっぷり有るので、問題集を読みながら40分過ごす。

さて、午前の問題開始時間も近づいて、試験官が注意事項と試験用紙の配布を始める。試験開始は、試験官の持参する時計で始まるため、10分弱することもなく過ごす。工事担任者試験なら、開始前に受験番号の記載をさせてくれるけど情報処理系の試験は試験時間中にしか記入できないので、事前に記載させてくれるようにすれば、記載忘れも随分減ると思うのだが。

さて、開始の時間だ。計算問題と自信の無い問題は後回しで、簡単な問題をどんどんと進めて行く。半分くらいは楽勝だろうか。おかげで問1で詰まらなかったので良かった。問1は自分の考えた答えがなかったので適当に埋めておいた。同じように知らない知識の問題は適当に答えを埋めて進めた。1時間ほどで選択肢が固定されたので、マークシートに転記をし、20分程残して退席した。足きりを超えられるかどうかは解らないが、過去のネットワークの実績ならクリアしていそうな感触だった。

さて、問題は午後1だ。午後問題集の鉄則集と用語集を中心に昼は復習した。隣のベンチに2人連れが座って食事を取りながら、俺は8割りは行けていると自慢?していた。データベースは自信があるようで、あれこれ解説していた。ネットワークは知らないようで、Voipは解らないと言ってたなぁ。会話の中で「知っている奴いたか」、「試験官が○○だろう」、「あいつら、これだけ試験を受けるように言われているのに、アルバイトに専念して、、、」と聞こえてきた。試験官は、職場の同僚らしかった。

午後1の始まるので再度会場入りし、シャープペンを3本芯を少し出して、何時でも使える状態にした。午後1は時間が勝負なので、少しでも問題を読み進めて解答を記入しないとならない。問1、問2、問4を記入し終わった段階で15分ほど余裕があったので、汚い字を一生懸命消して書き直しをした。記入式の問題は、スコアがどれだけ取れているのか解らないので、午後1で撃沈しているかも知れない。

さて、最後の午後2だけど問2を選択した。最初のダイジェスト認証という単語が、頭に浮かばす、帰りのバスの中で思い出した。トホホ。しかし、セキュリティの問題というよりも、文書問題のように思える内容だったなぁ。問題文書中から記入する箇所をピックアップして記入するパターンが多かったと思います。勘違いしてなければ、問2は簡単な方の問題に思えました。過去のネットワーク試験との比較が多くなりますが、ネットワークの方が難しかったように気がします。(自分が進歩したのか?)

やはり、午後1が難しかったなぁ。午後2は思った程ではない様に思えました。午後2は30分ほど残して退席しました。帰りのバスは、凄くすいていました。

朝のコースを逆戻りして、家に到着したのは6時半でした。長い一日でした。試験を受けられた方、お疲れ様でした。

2008年4月12日 (土)

今の勉強の状況

来週はいよいよ春季テストですね。受験票に写真を貼り付けて準備万端です。明日の日曜日は自治会の水路清掃の後に花見ですし、、テストの前日の土曜日もボランティア(朝の5時半から夜の8時まで)があり、まとまった勉強時間が取れるのも今日が最後です。でも、直前に、追い込みで勉強しても合格できるような試験ではないですからね。日ごろの積み重ねた実力が大切だと思っています。
さて、今までの進捗状況は、テクニカルエンジニア 情報セキュリティ「午後」オリジナル問題集を何度となく読み返しています。特にWebアプリケーションセキュリティを中心に読んでいます。この問題集の問題と解答が大分と知識として定着してきました。補完する意味でIPAのセキュリティ関係の文章を読んでいます。あまり、手を広げても消化できないだろうから、IPAのHPは問題集だけでは知識として理解不能な箇所と、職場で昼休みなどの時間が空いたときに、IPAのHPを眺めています。
それから、2年間分の過去問題も一通り目を通しました。午後問題は試験前までにもう一度、問題、解答について振り返りたいと思っています。昨夜は、平成19年度のテクニカルエンジニア ネットワークの午前問題に挑戦しました。一応、7割以上は超えているようです。問題の出題範囲が違いますが、ネットワークで出題された問題がセキュリティにも出題されるかも知れないので、取り組んだ次第です。
過去問を解いてみて、合格できるかどうかは良くわからないけど、テクニカルエンジニア ネットワークの午後問題の方が、難しく思えます。これは、午後問題のオリジナル問題集に取り組んだ後だからだと思います。(問題集では、過去問を参考に構成されていますからね。)
後は、新しい傾向の問題が出されたときに、対応できるかが合否を分けるように思えます。

最近のトラックバック