2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google で検索

  • Google search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

« 市民の広場 | トップページ | 2014 上半期に読んだ本 »

2014年6月23日 (月)

ダニエル ハーディング

Img002

6月22日(日)に可児市文化創造センターで開催されたサマーコンサートを聞きに行ってきました。

マエストロ:ダニエル・ハーディングがアーラ
ソリスト:イザベル・ファウスト
新日本フィル

【プログラム】
ブラームス/ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77
ブラームス/交響曲第4番ホ短調 Op.98

このホールはチケットの販売の仕方が面白いですね。当日の売れ残りは半額となるので、7,000円の半額3,500円で購入できました。インターネットから自分の指定した座席を購入できるので便利です。でも、システムに掛かる経費は相当しそうですね。

行きも、帰りも長良川鉄道で行きました。往復の車中は池戸井 潤の小説を読んで過ごしました。この人の本は面白いですね。終点の美濃太田駅から会場までの4キロを50分程度歩いていきました。

当日のプログラムのブラームス 交響曲第4番はブラームスの交響曲で一番気に入っているので、体を前のめりにして聞いてきました。

ダニエル・ハーディングが来日した直後に3.11が有り、当日、新日本フィルでマーラー交響曲第5番の演奏会が東京で予定されていたのですが、開催するのか中止にするのか余震の続くなか、判断が難しかったのですが、公共交通機関が混乱するなか歩いて会場まで訪れたお客様のために演奏会を開催し、多くのお客さんが岐路に付けずに会場内で一泊したそうです。NHKで3.11の一年後に取り上げられていたのですが、大変印象に残っています。

それが、会場内で販売されていたマーラー交響曲第10番のデリック・クック補筆完成版のCDを購入しました。オーケストラはウィーンフィルです。

« 市民の広場 | トップページ | 2014 上半期に読んだ本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190343/56590051

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル ハーディング:

« 市民の広場 | トップページ | 2014 上半期に読んだ本 »

最近のトラックバック