2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google で検索

  • Google search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

« 旅立ちの春 | トップページ | 一年間が終わりました。 »

2011年3月30日 (水)

まんが道を読み返し

藤子不二雄の作品で、まんが道をときどき読み返します。
まだ、テレビがなくラジオが娯楽の中心だった時代です。
立山新聞社に勤めている満賀道雄がラジオ欄の担当をしているときに、朝刊のラジオ欄に前日の内容を掲載したため、朝から新聞社に苦情の電話が殺到する場面があります。あまりの苦情の電話の多さと内容(もう新聞は取らない。)に、責任の当事者である満賀道雄は忽然と立ち尽くすのですが、先輩の記者が今日は早退し、後は自分達で何とか対応すると促します。(原因の当事者がいると後処理がしにくい事もあります。)
翌日、出社すると部長から、「やったことはくやむより これから二度とこういうミスを繰り返さないように注意することが大切だ!」「今度の事件でラジオ欄が いかに多くの読者にみられているかということがわかったろう!」「これからは いつも それだけの読者を相手にしていることを 自覚して 慎重に仕事を やってくれたまえ!」 「これで説教はおわり。」と諭します。その後、満賀道雄は自分の仕事に戻り慎重な仕事に心がけます。
この挿話が事実かどうかは知りませんが、新人社員が仕事の厳しさ大切さ責任を痛切したと思います。

今日は、部下のとあるミスで各方面にご迷惑をかけ部長と一緒に謝りに回りました。最後に市長に事の顛末を報告し、強烈に叱責を受けて終わりました。そんな中、同級生の課長や、以前の上司からも心配されアドバイスを受けれたことは嬉しかったですし、他の部下が失敗の対処に嫌がらす対応してくれた事にありがたいと思った一日でした。

 【中古】B6コミック 5)まんが道 藤子不二雄ランド / 藤子不二雄【10P25Mar11】【画】

« 旅立ちの春 | トップページ | 一年間が終わりました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190343/39416599

この記事へのトラックバック一覧です: まんが道を読み返し:

« 旅立ちの春 | トップページ | 一年間が終わりました。 »

最近のトラックバック