2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google で検索

  • Google search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

« これだけ理論 | トップページ | 日本人の睡眠時間が過去最短 »

2011年2月23日 (水)

クライストチャーチ

確か24才の時に県の青年海外派遣事業のメンバー(20人)として、渡航した先がニュージランドのクライストチャーチでした。名古屋空港から成田、シドニーと乗り継いでクライストチャーチに到着したときは20時間ぐらい掛かった記憶があります。
クライストチャーチは英国の雰囲気が残る落ち着いた街並みで、市の名前のとおり立派な協会が市の中央に建っていました。
このとき、定住されている日本人の方にガイドをしていただいたのですが、御巣鷹山に日航航空123便墜落事故があった直ぐでしたので、航空事故はどうでしたかと質問された事を覚えています。
県の派遣事業では、地元の青年達との交流会や福祉施設の視察、クライストチャーチ近郊の農園に分かれてファームスティしました。農園もスキー場ぐらい広い敷地に羊が放牧してあり、料理もラム料理が中心でした。お隣まで5キロ位は離れているので見渡す限り農園の所有者の方の敷地でした。
ファームスティでは南十字星を教えていただいたり、日本とアメリカの関係だったか政治的な話をした記憶があります。ただし、つたない英語での会話ですから、内容についていけませんでしたが。自分はもっと英会話を勉強する必要があると実感しました。
今回の地震で美しい街並みが、破壊され多くの人が罹災された報道を見ていると大変な事態だと思います。多くの日本人も滞在して見えるので、国としても迅速な援助・協力をお願いしたいと思います。

余談ですが、その次にシドニーに行き日本人会の人とお話をする事があったのですが、日本人会に置いてあった資料には、太平洋戦争のときに日本がオーストラリアは攻撃をした記録が残っており当時の新聞記事などがありました。自分達は戦後生まれなので、日常的に第二次世界大戦を意識する事は無かったのですが、当時は戦争を体験された方も多く、まだ少し生暖かい出来事だったんだなぁと感じました。

« これだけ理論 | トップページ | 日本人の睡眠時間が過去最短 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190343/38980154

この記事へのトラックバック一覧です: クライストチャーチ:

« これだけ理論 | トップページ | 日本人の睡眠時間が過去最短 »

最近のトラックバック