2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google で検索

  • Google search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

« 私が学んだ、非常時の松下経営 | トップページ | iPod touch 8GBを注文しました。 »

2010年5月19日 (水)

電子書籍の衝撃

ソフトバンクの孫社長と光の道についてオープンで討論した佐々木俊尚氏の著作です。
本はいかに崩壊し、いかに復活するのか?というサブタイトルがついています。
著者が少し前までは電子メールとかイーメールとか言っていたのが、今ではメールと言うと電子メールのことを表している。同じように電子書籍も将来「書籍」と言うと電子書籍の事になると予言?されて見えます。そうなれば、教科書も電子書籍となり、図書館も蔵書を持つ必要がなくなったり、公共団体の広報誌も電子化されるかも知れません。
アマゾンのキンドルの評価がされているのですが、この端末は携帯端末だったのですね。それも、アマゾン専用に接続される。なかなかの優れものだと、関心しました。
アップルのiPadで書籍が充実されれば、確かに本棚の本も一掃できてスッキリします。まだ、イントロしか読んでいませんが、面白い内容の本です。

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書) Book 電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

著者:佐々木 俊尚
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 私が学んだ、非常時の松下経営 | トップページ | iPod touch 8GBを注文しました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

tokyopさん こんばんわ
 書籍がすべて電子書籍の事になると、いうことは衝撃なことです。
たしかに、ペーパーレスや、森林伐採の歯止めにはなるのでしょう。しかし、従来の製本の印刷や卸、書店にいたるまでの関係者は失業と言った具合になり大変ですね!
自分としては、過去の習慣もありますので画面よりペーパーの本でじっくり見たい派でしょうか。
近未来に、切り替わることになっても、古本を探しにいってるかもです。
 


kazzyさん、こんにちは。
 書籍がすべて電子書籍になるのかですが、音楽の世界を考えると、昔はレコードだったのが、CDとなりレコードが駆逐されCDもネットの発信のウェイトが大きくなりつつある感はあります。楽曲を1曲ずつダウロードで購入できるのも安く音楽を購入できて手軽です。(書籍はその読みたいページのみ購入することできないですけど。)
 ネットは確かに読みたい本があれば、その場でダウンロードしてすぐに読む事ができ、時間と場所の制約が有りません、さらに、電子書籍は紙の本の値段よりもかなり格安になっているので、使い勝手が良くて値段がやすく書籍のラインナップが充実すると意外に早く普及していくかも知れないです。
 自分がお金を出して購入した本は大切に本棚に置いてあるのですが、スペースには限りがあるので、定期的に処分しています。もし、電子書籍なら場所という問題も消えるので整理する必要はあっても捨てる必要もないので、電子書籍の生活スタイルが定着すると紙の本ではない事に抵抗感も無くなるように思えます。
 でも古本の流通はどうなるのかなぁ。アマゾンで1円の中古本を購入しています。これも郵送代金に320円かかるので、この部分も無くなると助かりますけど。
 自分も一台購入してとも思うのですが、アマゾンのキンドル日本語版が出てから検討したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190343/34777933

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍の衝撃:

« 私が学んだ、非常時の松下経営 | トップページ | iPod touch 8GBを注文しました。 »

最近のトラックバック