2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google で検索

  • Google search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

« FTTH 三波多重技術 | トップページ | 第二種電気工事士勉強中(その17) »

2009年6月20日 (土)

送別会のあいさつで、

職場内で同じ小学校校下の職員で親睦会を作っているのですが、昨日は、今年の春に退職された方の送別会がありました。3月末で退職されているので、本来ならもっと早くするのが筋でしょうが、特例給付金や出納閉鎖の事務があり遅くなってしまいました。

たまたま、私が会長でしたので、送別の挨拶をしなければならなくなりました。ある先輩から送別の挨拶についてアドバイスを受けたのですが、先輩曰く、退職される方の長い職場での職歴をちゃんと紹介しないといけないと言われました。職歴を省略したりするのは、失礼な事だと。

職歴をちゃんと調べて挨拶に望みました。高校を卒業と同時に就職されて42年間、色々な部署を異動され、本当に色々な仕事をされてこられたと感心しました。職歴は紙にプリントしたものを間違えないように、読み上げ、その後に退職者の方の仕事でのエピソードを紹介し、これからもお元気でというような流れで挨拶が終わりました。

その後、退職者の方から挨拶を頂いたのですが、「先ほどの紹介は、少しだけ違っていましたが、概ね正確でした。」と言われました。「アレ、間違えたかなぁ」と思い失礼な事をしたのかと思って一日ほど時々思い出しては考えていたのですが、やっと思い当たる節がありました。

仕事でのエピソードで、「○○さんは、大変社交的な方で、各種団体の方に大変人気がありました。特に、女性の会で人気が有り、○○さんが研修旅行に行くと多くの方が楽しみだと言って見えましたし、帰ってくると○○さんが居たから楽しい研修良好だったと良く聞きました。」気安いもの同士の送別会でしたから、笑いも誘うような内容も入れて、挨拶したのですが、どうも、人気があったと紹介したところを、「少しだけ違っていました。」と、ユーモアで返してくれたのですね。直ぐに、ユーモアだと気がつかなかった自分も不覚でしたが、後から、その人らしいなぁと嬉しくなりました。

« FTTH 三波多重技術 | トップページ | 第二種電気工事士勉強中(その17) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190343/30191779

この記事へのトラックバック一覧です: 送別会のあいさつで、:

« FTTH 三波多重技術 | トップページ | 第二種電気工事士勉強中(その17) »

最近のトラックバック