2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google で検索

  • Google search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

« なんとも、もどかしい心の病 | トップページ | 第二種電気工事士勉強中(その3) »

2009年5月 2日 (土)

GWはいつも

GWは子供の頃から、田植えですね。
今日はライスセンターから苗が届いたので、昼から早速田植えの開始。
乗用の田植機での作業ですが、真直ぐ稲を均等に植えて行くのはかなり大変です。
昨年は、クラッチの調子が悪くて、小回りが大変でしたが今年は調整したので大変快適に小回りして、ターンできました。暖かいし、機械の調子も良かったので順調に作業が進みました。明日も天気が良さそうだし、田植えが続きます。

« なんとも、もどかしい心の病 | トップページ | 第二種電気工事士勉強中(その3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
意外ですね、田植えとは。
実家では、すじまきから温室を使用して目がでてから、簡易ハウスで成長させてから田植えをしていたのを思いだしますね。意外と農家なので、その辺は結構詳しいですよ。

こんにちは。
みっちいさんのご自宅(多分、信越総合通信局管内)は米どころですよね。
子供の頃は、自宅でも籾から発芽させて苗を作って田植えをしていました。どこの家でもそうでしたけど。
それが、JAのライスセンターで一括して苗を作っているので、その手間は減りました。
昔は、苗を藁で縛ったのを田んぼに途中、途中放り込んでおいて、まっすぐ植えられるように竹で田んぼに筋を付けておいて、手植えしたものです。親戚皆で作業したものです。
大きい農家だと、JAに払うのも経費になるので、自前で育苗しています。ご実家も耕作面積が広いのでしょうね。

こんにちは。
JAで一括して苗を作っているとは初耳です。知っている限り30年位前から機械で田植えをしていたので、手で植えたことはないんです。それほど広くはないのですが、手では植えられない位はあると思います。米は苦労ばかりあってあまりいい思いではありませんね。

こんにちは。みっちいさん。
米作りは小学生の頃から親の手伝いをして来たので、今は随分楽になったと思います。中学生の頃は、春は毎週日曜日は親に使われていた思い出があります。
米作りは、大変ですね。GWの最初に田植えが終わり、子供達は親戚の家に泊まりに行ったので、インターネットを眺めながら電気工事士の勉強をして過ごしました。高速が1,000円でもとても出かける気になりませんでしたね。
さて、明日からは仕事モードです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190343/29401200

この記事へのトラックバック一覧です: GWはいつも:

« なんとも、もどかしい心の病 | トップページ | 第二種電気工事士勉強中(その3) »

最近のトラックバック